医療レーザー脱毛と光脱毛の違いと仕組み

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いと仕組み

脱毛するときにはどこで脱毛するか、どのような方法でするかなどを決めることになります。
このときにまず気になるのが脱毛方法です。

 

現在主に行われている脱毛方法は、レーザー脱毛と光脱毛です。
初めて脱毛する人は、この脱毛方法をどちらにするか選ぶ必要があります。
それによって、どこで脱毛するかも決まってきます。

 

レーザー脱毛について

レーザー脱毛とは、「医療レーザー脱毛」のことです。
レーザー機器は医療機関でしか扱えないため、クリニックで受ける脱毛です。

 

レーザー脱毛は、黒色に反応するレーザー光を利用して、毛を生成する組織を破壊します。
毛の黒色のみに反応しますので、他の部位には影響がありません。
レーザー機器は医療機関で扱いますので、出力も高く脱毛効果も高いことが特長です。

 

毛が太い、長いなどの性質に関係なく、キレイに脱毛できます。
ただし、出力も高いことから、痛みがあります。と言っても、即効性があり、
確実に脱毛できることから、永久脱毛ができる脱毛方法です。

 

光脱毛について

光脱毛とは、「フラッシュ脱毛」や「IPL脱毛」と呼ばれているものです。
エステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛方法は光脱毛です。
呼び方は、脱毛機の製造元などによって異なっています。

 

光脱毛も特殊な光を利用して脱毛を行います。
黒色に反応する光という点は、レーザー脱毛と同じですが光の種類が違います。
光脱毛の特長としては、光の特性から美肌効果も期待できることです。脱毛と同時に美肌の施術も行えます。

 

ただし、レーザー脱毛より出力は弱く、そのためエステサロンなどでも使用できるので、脱毛効果は低くなります。
しかし、脱毛料金も低価格が実現していますので、痛みも弱く脱毛しやすいことから人気があります。

 

どうやって脱毛法を選ぶ?

これから脱毛する人は、自分がどのような状態になりたいのか、どれくらいの予算なのか、
自分の希望を明確にして脱毛方法を選ぶとよいでしょう。

 

多少費用がかかっても永久脱毛したい人は、
美容皮膚科などの美容クリニックで医療レーザー脱毛を選ぶといいですね。

 

もっと気軽に費用は抑えて、両脇などを手軽に脱毛したいという人は、
エステサロンなどで光脱毛でやってもらうといいでしょう。


このページの先頭へ戻る